薬剤師が土日休みの職場に転職するには?

薬剤師の土日休みの職場へ転職する注意点

はじめまして。
私は、某調剤薬局チェーンで働く薬剤師です。

 

以前働いていた調剤薬局は土日休みではなかったのですが、将来のことを考えるとこの勤務体制では続けていけないと転職を決意し、今は無事に土日休みの調剤薬局で働いています。

 

以前の私と同じように土日休みの職場で働きたい薬剤師さんは多いと思います。
私の転職経験が、どなたかの参考になればと思い私の経験談をまとめています。

 


 

 

薬剤師で土日休みに転職したい!という人は多いと思います。

 

特に結婚している場合、旦那さんがサラリーマンだと土日が休みが多いです。

 

また、子供がいる主婦の方だと、子供の学校の運動会やイベント事が土日にある場合、
シフトを誰かに変わってもらったり、もしくは子供の行事を諦めなければ行けなかったり…。

 

友達と遊んだり、家族で旅行に行くためにも
「土日休みの職場に転職したい!」と考える日も多いと思います。

 

薬剤師が土日休みの職場に転職する方法と、注意点を紹介します。

 

 

薬剤師の転職先

 

薬剤師の転職先としては、病院、ドラッグストア、調剤薬局、企業があります。
それぞれの職場で土日休みの条件を満たす事ができるのかどうか…。

 

病院

病院は病床数によっても変わりますが、
基本的には入院患者さんがいる限り土日もシフト制で誰かが出勤している病院が多いです。

 

なので、病院薬剤師で完全土日祝日休みを探すのは大変なイメージがあります。
しかし、求人を検索してみると若干は土日休みも出てくるんですよね…。
まったくないわけではないので、転職サイトのコンサルタントさんに相談してみるのが確実だと思います。

 

ドラッグストア

ドラッグストアは営業時間が長く忙しいので、休みが取りにくいイメージがあるのですが、
意外と実際はそうでもありません。

 

ビジネス街にある調剤併設のドラッグストアは、土日は調剤を受け付けず。
一類医薬品の販売もしないので薬剤師は休めたりします。

 

他にも大手チェーンの調剤薬局は、土日はパートやアルバイトの薬剤師や
多店舗からのヘルプなど会社全体で薬剤師をやりくりしているので、
正社員薬剤師でも意外と休めるそうです。

 

ドラッグストアで土日休みになるかどうかは、入社時の交渉でもお願いすることができるみたいなので、
この辺りの裏技も転職サイトのコンサルタントさんに聞いてみると色々教えてもらえます。

 

調剤薬局

調剤薬局も意外と土日休みの求人はあります。
総合病院の門前薬局、土日休みのクリニックの近隣の薬局、
ビジネス街の調剤薬局など探せば結構見つかります。

 

企業薬剤師

薬剤師の土日休みの転職先で真っ先に思いつくのは、やはり企業です。
製薬会社、医薬品卸、CROなど企業薬剤師は、土日祝日休みという勤務形態です。

 

会社にもよりますが、休日出勤になることもほとんどないので、
家庭のある女性にも働きやすい職場です。

 

 

企業求人の中でも製薬会社や医薬品卸の求人は、なかなか見つからないと思います。
私が転職活動している時も3社の転職サイトから求人を集めていて、
製薬会社の求人は1件しかありませんでした。

 

その代わりに穴場だと思ったのが、製薬会社からコールセンターを受託している会社や
CRO、あとメディカルライターなどです。

 

こういった求人も企業なので土日休みです。
しかも、最近薬剤師の需要が増えてきているとのことなので、
転職しやすく狙い目かなと思います。

 

 

 

薬剤師が土日休みの職場に転職する時の注意点

 

土日休みの求人を探すのはいいのですが、
それと合わせて年間休日の日数もチェックしておくことをおすすめします。

 

薬剤師の職種ごとの平均休日日数は、次のようなのだそうです。

病院:104〜110日程度

ドラッグストア:106〜120日程度

調剤薬局:106〜120日程度

企業:120日以上

 

ちなみによく耳にする年間休日数で105日、120日という数字があると思います。
この理由を紹介します。

 

年間休日数105日の理由

105日は1日8時間働く場合、労働基準法で定められている1年間の最少年間日数です。
なので、最低限だと思ってください。

 

あくまで1日8時間労働の場合なので、
1日の労働時間が8時間より少ない場合は、年間休日数が105日を下回ることもあります。

 

年間休日数120日の理由

完全週休2日制で年間104日の休日に国民の祝日の15日を加えると119日、
それに正月休みなどが1日以上あるケースが年間休日120日以上です。

 

105日と120日には、このような理由がありますので、
カレンダー通り休みたいなら、土日休み意外に年間休日120日以上かどうかもチェックしておきましょう!

 

 

薬剤師転職サイトで年間休日の多い求人を探す

 

転職サイトのホームページでも
「土日休み」や「年間休日120日以上」などの検索条件で求人を探す事は可能です。

 

私も転職活動で求人を探そうと思った時、まずホームページで求人検索をやってみました。
たしかに検索結果に求人が出てくるのですが、読んでいてもどうもイメージがわかないのです。

 

 

 

 

なので、転職サイトに登録してコンサルタントさんと直接相談しながら求人を紹介してもらい、
具体的な求人の案件も説明を聞きながら紹介してもらいました。

 

具体的な話を聞くことで、「ここちょっと気になる!」という求人が出てきました。

 

職場のイメージがわくと、さらに気になることがいろいろ出てくるんですよね。
「年収は今より下がるのは嫌だな」とか、
「職場の忙しさはどうなのか」「休日出勤とか本当にないのか」
「店舗の雰囲気が気になるから職場の見学をさせてほしい」とかいろいろです。

 

 

求人票の内容だけではとてもじゃありませんが、知りたい事を知ることはできません。
そのあたりは、コンサルタントさんに根掘り葉掘り聞きました。
転職サイト側ですぐにわからないことは、色々調べてくれるのでどんどん聞くことをおすすめします。

 

そこまでしないと、納得いく職場に転職するのは難しいと思います。

 

準備を万端にしても実際に働いてみると、予想外のことが出てくるかもしれませんが、
転職前に少しでも不安材料をなくしておくと転職後のギャップも少なくなるのではないでしょうか。

 

転職後に後悔しないためにも、事前準備をしっかりした上で転職したいですよね。

 

こんな私の転職活動に嫌な顔をせず、
真摯に対応してくださった転職サイトは自信を持っておすすめできますので、
転職を考えている薬剤師さんはぜひ参考にしてください。

 

 

土日休み求人探しにおすすめの転職サイト

 

薬剤師の職種別に求人を探す時のおすすめ転職サイトをまとめました!

 

 

土日休みの調剤薬局求人を探したい人におすすめ

 

 

ファルマスタッフ

 

 

⇒ファルマスタッフへの無料登録はコチラ

 

「調剤薬局求人に強い」と感じたのは、こちら「ファルマスタッフ」です。
今回の私の条件は、土日祝日完全休み、かつ自宅から1時間以内という条件付きだったにも関わらず、
たくさんの求人を紹介してもらえました。

 

後から知ったのですが、ファルマスタッフは求人数が6万件以上と業界トップクラスなのだそうです。
コンサルタントさんのサポートが一番丁寧だと感じました。
面接にも同行して頂き、おかげで面接でも和やかな雰囲気で進めて頂き
自分らしく出来たのが良かったのかなと思います。

 

ファルマスタッフに登録すると全員に「保険調剤テキスト」がもらえるのですが、
かなり使えるテキストなので、それをもらうために登録しおいてもいいかもしれません。

 

 

 

製薬会社や企業内診療所の求人を探したい人におすすめ

 

 

リクナビ薬剤師

 

 

⇒リクナビ薬剤師への無料登録はコチラ

 

私が利用した5つの転職サイトの中で、
製薬会社など企業の求人が一番多かったのが「リクナビ薬剤師」です。
私の友人が「リクナビ薬剤師」で製薬会社に転職していたので、
登録したのですが確かに企業求人が多いのだと思います。

 

担当してくださったコンサルタントさんも業界の情報に詳しく、
さすが大手の転職サイトだけあって情報網がすごいのかなと思いました。
最初の電話ヒアリングの後、すぐにメールで何件か求人を送ってくださり対応の早さも素晴らしかったです。

 

 

 

病院、高額年収求人を探したい人におすすめ

 

 

薬キャリ

 

 

⇒薬キャリへの無料登録はコチラ

 

CRO業界に一番詳しいなと思ったのは、「薬キャリ」です。
私自身がCROについて全然知らなかったこともあり、
かなり詳しく職種や仕事内容について教えてもらいました。

 

あと「薬キャリ」の求人は高額の求人があったのが印象的でした。
とても魅力的な求人だったのですが、休みが私の希望に合わなかったので泣く泣く諦めました。コ
ンサルタントさんとのやり取りは、メール中心で3社の中では一番あっさりしているイメージです。