薬剤師が土日休みの職場に転職した方法−求人探しのコツ−

薬剤師が土日休みに転職した方法を求人探しから紹介

はじめまして。
私は、某調剤薬局チェーンで働く薬剤師です。

 

以前働いていた調剤薬局は土日休みではなかったのですが、将来のことを考えるとこの勤務体制では続けていけないと転職を決意し、今は無事に土日休みの調剤薬局で働いています。

 

以前の私と同じように土日休みの職場で働きたい薬剤師さんは多いと思います。
私の転職経験が、どなたかの参考になればと思い私の経験談をまとめています。

 


 

 

調剤薬局や病院で働いている薬剤師の場合、土日休みという職場は少なく、
多くの人がシフト制や平日休み、土曜日は14時までなど不規則な勤務体系の人が多いと思います。

 

私が以前働いていた薬局は、週休2日という雇用条件で、
日曜日は全員休み、あと一日はシフト制で休みという変則的な休日でした。

 

祝日がある週は、それで休みが1日カウントされてしまうので、平日の休みはなくなります。

 

なので、年間休日はかなり少なかったと思います。

 

平日が休みだと銀行や市役所などの平日しか開いていないところに行くのが便利だったり、
買い物や遊びに行ってもも空いているのでそういったメリットはあるんですが…

 

 

やはりそれ以上にデメリットの方が大きくなったので、
結局転職して、今は土日休みの調剤薬局で働いています。

 

 

私が以前勤めていた薬局の休みで嫌だったこととしては・・・

  • 一般企業で働いている友達と休みが合わないので、遊びに行けない
  • 彼氏とは遠距離だったのですが、日曜日だけでは会いに行けない
  • 連休はほとんどないので、海外旅行なんて絶対無理(旅行好きの私にはこれがとても辛かった)
  • 将来、結婚して子供ができた時に土日休みじゃないと絶対無理だと思った

 

そんなこんなで転職活動をした結果、今は無事に土日休みの職場に転職することができました。

 

薬剤師の皆さんの中には、土日休みの職場で働きたいと考えている人もいるかと思います。

 

私が転職で悩んだことや気付いたこと、やってみたことが、
同じような悩みを抱えている薬剤師さんの参考になればと思いブログにまとめてみました。

 

転職活動をしてみて思ったのですが、意外と薬剤師の土日休みの職場は色々あるもんなんです。
薬剤師は土日休めないという思い込みが視野を狭めていたのかもしれません。

 

いろいろ調べてみると、土日休みがすんなり手に入るかもしれませんので、 ぜひ実践してみてくださいね!

 

 

薬剤師の土日休みの職場

 

薬剤師の仕事は、調剤薬局やドラッグストア、病院、企業など様々な職場があり、
勤務スタイルや休みは全く異なります。

 

カレンダー通り土日祝日が休みの職場もあれば、シフト制で平日が休みというところもあると思います。

 

また、ゴールデンウィークやお盆休み、お正月休みがきっちり取れるところもあれば、
長期休暇の連休なんて絶対無理!という職場もあります。(以前の私の職場がそうでした…)

 

土日休みの薬剤師の仕事を考えた時に、私の中で思いついた職場はこの5つでした。

 

 

  • 公務員薬剤師
  • 製薬会社
  • 企業内診療所
  • CRO
  • 土日休みの調剤薬局

 

 

公務員薬剤師

まず、一つ目の公務員薬剤師です。私の中で土日祝日休みで、
確実に長期休暇が取れる仕事のNo.1が公務員だったのです。

 

薬剤師も公務員職として、国公立病院、保健所、衛生研究所、
都道府県庁での仕事があるのは知っていたのですが、
何より大変なハードルが公務員試験に合格しなければいけないということです。

 

その他にも勤務先を自分で選べなかったり、そもそも募集枠も少ない、
職種によっては3年くらいのサイクルで部署移動などもあるみたいなので、ち
ょっと嫌かな…と選択肢から削除。
移動がどうこう言う前に、公務員試験の時点で、まず無理でしたけど。笑

 

 

製薬会社

これは私の中では、志望度は高かったのです。企業で働くという事に憧れがあり、
特に学術職やDI業務があればやってみたいとは思っていました。

 

ただ、製薬会社の求人はかなり少ないと聞いていたので、
難しいかなぁという感じであまり期待はせずに考えてました。

 

 

企業内診療所

これも製薬会社と同じく企業で働く薬剤師です。ただ、勤務場所は診療所になります。
大手企業は、社員の健康管理や急な体調不良などに対応するために会社内に診療所を設置しています。

 

企業が休みになる土日祝日は完全休み、ゴールデンウィークやお盆休み、
年末年始もしっかり休めるとても恵まれた環境なのです。
しかも、それほど重病人や長期投与のお薬が出すわけではないので、
お仕事も楽なので、ずっと気になっている仕事です。

 

 

CRO

こちらも企業ですが、医薬品の開発業務を受託する会社です。
ただ、CROの場合、未経験者はCRAというモニター、いわゆる病院回りをする仕事からスタートなので、
出張が多く仕事がかなり大変との情報があったので、少し志望度は低め。

 

 

土日休みの調剤薬局

具体的に志望する調剤薬局があったわけではないのですが、これだけたくさんの調剤薬局があるのだから、
土日休みの調剤薬局がどこかあるだろうと候補の一つにしていました。

 

通える範囲で、土日休みの調剤薬局があれば、絶対行きたい!と志望度も結構高く考えていました。

 

 

薬剤師の土日休み求人の探し方

 

この5つの職種が、薬剤師が土日休める職場として自分一人で考え出した候補でした。

 

5つ思いついたものの、現実的に考えて公務員薬剤師はなかったので、候補は4つ。
製薬会社(学術やDI業務)、CRO(良さそうな職種があれば)、
企業内診療所、調剤薬局です。

 

この時は、調剤薬局で働きながら転職活動をしていたので、
少しでも効率よく求人を探すために薬剤師の転職サイトを利用しました。

 

利用したと言っても、転職サイトのホームページで求人を探したのではありません。
私の候補とする4つの職種の求人を一つずつ探すのは、時間も手間もかかります。

 

転職サイトに登録すると、エージェントさんから電話がかかってくるので、
その時に私の希望の求人を紹介してもらえるようにお願いしました。

 

 

 

 

薬剤師転職サイトを利用するポイント

 

5つの転職エージェントに登録し手利用しました。

 

転職エージェントを使うのは初めてだったので、
あんまり要望をたくさん言うと「ずうずうしいと思われるかな」と思って最初は遠慮していたのですが、
それだと的を得た求人を紹介してもらえないんですよね。

 

なので、結局後から追加の希望を言う必要が出てきて二度手間になるだけなので、
最初から希望条件はすべて言っておいた方がいいです。

 

最後の方はエージェントさんとのやり取りにも慣れてきて、
1回目の電話で自分の望む求人を的確に伝えられるようになってました。
人間何でも場数をこなすことは大切ですね。

 

これから転職活動をされる方もぜひとも、3社くらいは転職サイトを使うようにした方がいいと思います。
1社では転職エージェントの担当者と意思疎通ができるようになるまで大変です。

 

 

複数社使った方がいいもう一つの大きな理由は、
転職エージェントによって紹介してくれる求人情報が違うのです。

 

なので、希望にあう優良求人を見つけるためには、
出来る限り多くの情報を集めることが必要なんだなと身にしみて感じました。

 

 

 

 

私が希望求人として伝えていたポイントは、次の点です。

 

@土日休みの職場
A職種は調剤業務か企業のデスクワーク
B勤務地は、家から1時間以内で通える範囲

 

 

 

そして、具体的な求人先として「製薬会社の学術やDI業務、CRO(でも外回りはNG)、
企業内診療所、土日休みであれば調剤薬局も可」ということを伝えました。

 

これだけ伝えれば、それぞれの転職サイトで保有している求人から条件に合うものを
コンサルタントさんがピックアップして紹介してくれます。

 

私はメールや電話の連絡を待っているだけでいいので、とっても楽でした。

 

色々な転職エージェントを利用して感じたことは、
「転職エージェントによって紹介してくれる求人の職種に偏りがある」ということです。

 

 

製薬企業の求人が全然ないところもあれば、CROのことについて詳しい会社もあり、
また、土日休みの条件であっても調剤薬局求人が豊富な転職エージェントなど、
それぞれの強みがあるんだなぁと思いました。

 

同じ時に同じ条件で求人紹介をお願いしたからこそ、感じられる違いだったのだと思います。

 

今回の私の経験を踏まえ、職種ごとにおすすめの転職エージェントをまとめましたので、
転職を考えている人の参考になれば嬉しいです!

 

 

職種別おすすめの薬剤師転職サイト

 

薬剤師の職種別に求人を探す時のおすすめ転職サイトをまとめました!

 

 

土日休みの調剤薬局求人を探したい人におすすめ

 

 

ファルマスタッフ

 

 

⇒ファルマスタッフへの無料登録はコチラ

 

「調剤薬局求人に強い」と感じたのは、こちら「ファルマスタッフ」です。今回の私の条件は、土日祝日完全休み、かつ自宅から1時間以内という条件付きだったにも関わらず、たくさんの求人を紹介してもらえました。

 

後から知ったのですが、ファルマスタッフは求人数が6万件以上と業界トップクラスなのだそうです。コンサルタントさんのサポートが一番丁寧だと感じました。面接にも同行して頂き、おかげで面接でも和やかな雰囲気で自分らしく出来たのが良かったのかなと思います。

 

ファルマスタッフに登録すると全員に「保険調剤テキスト」がもらえるのですが、かなり使えるテキストなので、それをもらうために登録しおいてもいいかも。

 

 

 

製薬会社や企業内診療所の求人を探したい人におすすめ

 

 

リクナビ薬剤師

 

 

⇒リクナビ薬剤師への無料登録はコチラ

 

私が利用した5つの転職サイトの中で、製薬会社など企業の求人が一番多かったのが「リクナビ薬剤師」です。
私の友人が「リクナビ薬剤師」で製薬会社に転職していたので、登録したのですが確かに企業求人が多いのだと思います。

 

担当してくださったコンサルタントさんも業界の情報に詳しく、さすが大手の転職サイトだけあって情報網がすごいのかなと思いました。最初の電話ヒアリングの後、すぐにメールで何件か求人を送ってくださり対応の早さも素晴らしかったです。

 

 

 

CRO求人を探したい人におすすめ

 

 

薬キャリ

 

 

⇒薬キャリへの無料登録はコチラ

 

CRO業界に一番詳しいなと思ったのは、「薬キャリ」です。私自身がCROについて全然知らなかったこともあり、かなり詳しく職種や仕事内容について教えてもらいました。

 

あと「薬キャリ」の求人は高額の求人があったのが印象的でした。とても魅力的な求人だったのですが、休みが私の希望に合わなかったので泣く泣く諦めました。コンサルタントさんとのやり取りは、メール中心で3社の中では一番あっさりしているイメージです。