大阪で薬剤師が土日休みで働けるのは?意外な職種が狙い目!

薬剤師必見!大阪の土日休み求人は意外な職種がおすすめ!

土日休みで働きたいと考える薬剤師は多いものの、
実際に土日休みの職場で働けている薬剤師さんは多くないのが現状です。

 

病院は常に入院患者さんがいるため、シフト制で薬剤師が勤務していますし当直がある職場もあります。

 

調剤薬局は、門前の病院やクリニックの休みと連動しているところが多く、
日曜日は休みであっても土曜日は午前中は営業しているところが少なくありません。

 

ドラッグストアは、年中無休で営業している店舗も多く、特に繁華街の店舗であれば、
土日休みは一番お客さんが多い時であるため、休むことが難しくなります。

 

このように見ると、「薬剤師が土日休みの職場で働くのは無理なの?」と
絶望的になってしまいそうですが、決してそんなことはありません。

 

薬剤師が土日休みで働ける転職先は、どのような職場があるでしょうか。
地域によって、土日休みの求人比率にも違いがあります。

 

ここでは、大阪で薬剤師が土日休みで働ける職場をまとめました。

 

 

大阪で薬剤師が土日休みで働ける職場の求人数

 

薬剤師の職種としては、主に調剤薬局、
ドラッグストア、病院、製薬会社などの企業の4種類があります。

 

それぞれの職種における大阪府の薬剤師求人(正社員)で
土日休みの求人がどのくらいあるかをまとめました。

 

大手薬剤師転職サイトの「ファルマスタッフ」「リクナビ薬剤師」「薬キャリ」の
3つの転職サイトを使って幅広く調べてみました。

 

 

ファルマスタッフ

 

全求人数

土日休み求人

土日休み求人の割合

調剤薬局

2320件

120件

5.2%

病院・クリニック

208件

19件

9.1%

ドラッグストア

386件

51件

13.2%

企業

8件

6件

75%

 

 

リクナビ薬剤師

 

全求人数

土日休み求人

土日休み求人の割合

調剤薬局

1998件

101件

5.1%

病院・クリニック

222件

21件

9.5%

ドラッグストア

645件

145件

22.5%

企業

3件

2件

66.7%

 

 

薬キャリ

 

全求人数

土日休み求人

土日休み求人の割合

調剤薬局

2463件

142件

5.8%

病院・クリニック

372件

62件

16.7%

ドラッグストア

262件

15件

5.7%

企業

62件

49件

79.0%

 

 

大阪の薬剤師求人において、土日休みの比率が高いのは製薬会社などの企業求人です。
大阪に本社がある製薬会社や医薬品卸もありますし、
CROやメディカルライターなどの職種の求人も見つけることが可能です。

 

調剤薬局やドラッグストア、病院においては、
土日休みの求人比率は数%〜20%強くらいであまり高くありません。

 

 

大阪で土日休みの薬剤師求人数が多いのは?

 

調剤薬局は土日休みの求人比率は低いですが、
実際の求人数を見てみると調剤薬局が一番多いことがわかります。

 

調剤薬局は全求人数が他の職種に比べて断然多いため、
土日休みの比率は10%以下であったとしても、求人数は100件以上あります。

 

また、大阪の土日休み求人が他地域と比べて違う点として、
ドラッグストアの土日休み求人が多いことです。
東京ではドラッグストアの土日休み求人は5%前後なのに対して、大阪では15%を超えています。

 

ドラッグストアはシフト制の勤務のところがほとんどあり、その管理は会社によって様々です。
会社によっては、土日は店舗に薬剤師を置かなかったり、
パートやアルバイトの薬剤師で対応するなどして、正社員薬剤師は土日休みというところもあります。

 

大阪で土日休み求人を探す場合は、
調剤薬局と並行してドラッグストアを探してみるのがおすすめです!

 

 

 

大阪で土日休みの薬剤師求人を探すには?

 

大阪の土日休み求人への転職を考えるなら、企業か調剤薬局、ドラッグストアが狙い目です。

 

企業への転職は競争率が高い

土日休みの求人比率が高いのは企業です。どの地域でもこの傾向は変わりません。

 

ただ大阪の場合は、製薬会社やCRO、医薬品卸会社、コールセンターの受託会社など
様々な企業薬剤師の求人があるので選択肢が広いというメリットはあります。

 

企業求人は非公開求人になっていることが多く、
普通に探しているだけでは求人を見つけることができません。
まずは転職サイトに登録して、コンサルタントに相談することをおすすめします!

 

企業は人気が高く希望者が多いので、コンサルタントから情報収集をして、
事前準備をすることが非常に重要です。

 

ドラッグストアが意外と穴場

大阪ではドラッグストアでも土日休みの求人比率が高く、見つけやすいと言えます。

 

先程も紹介したようにドラッグストアのシフト制は会社によって様々で、
土日は薬剤師を置かなかったり、パートやアルバイトの薬剤師で対応する企業もあるためです。

 

事前に土日休みが確約されているかを確認するようにしましょう。

 

また、繁華街のドラッグストアは営業時間が長く、長時間労働になったり、
夜間勤務があることもあるので、勤務形態の事前チェックは不可欠です。

 

実際に入社してみると求人情報での労働条件と全然違ったということもありますので、
転職サイトのコンサルタントを通して、きっちり確認しておくことをおすすめします。

 

 

調剤薬局がやっぱり狙い目

大阪で薬剤師が土日休みの求人先へ転職するなら、調剤薬局は必ずチェックしておきましょう。
他の職種に比べて求人数が圧倒的に多いため、
土日休み以外の条件も希望が叶いやすいメリットがあります。

 

調剤薬局がおすすめの理由としては、家から近い職場であったり、
結婚や出産後も働きやすいといったライフスタイルに合わせた柔軟な働き方が可能なことが挙げられます。

 

調剤薬局は薬剤師を必要としている所が多いため、多少の無理を聞いてもらえることが多く、
年収や労働条件も転職サイトのコンサルタントに交渉してもらうことが可能です。

 

 

 

どの職種に転職する場合でも、転職サイトを利用することをおすすめします。

 

転職サイトに登録する主なメリットは次の点です。

  • 一般では見れない、好条件の非公開求人を紹介してもらうことができる
  • コンサルタントに希望を伝えれば求人紹介してもらえるので、自分で探す手間や時間がかからない
  • 履歴書や職務経歴書の書き方のサポート、面接対策、面接日程の調整、条件交渉などをすべて無料でやってもらえる

 

薬剤師転職サイトはたくさんあり、どこがいいのか迷う人も多いと思います。
転職サイトによって強みがそれぞれ違うので、
調剤薬局求人が多い転職サイトもあれば、企業求人に強い転職サイトもあります。

 

土日休みの求人を探すのにおすすめの転職サイトを3つ紹介していますので、ぜひご覧ください!

 

 

大阪の土日休み求人を探すおすすめ転職サイト

 

薬剤師の土日休み求人を探す時のおすすめ転職サイトをまとめました!

 

 

土日休みの調剤薬局求人を探したい人におすすめ!

 

 

ファルマスタッフ

 

 

⇒ファルマスタッフへの無料登録はコチラ

 

土日休みの「調剤薬局求人」が一番多いのは、「ファルマスタッフ」です。

 

ファルマスタッフは求人数が6万件以上と業界トップクラスなので、土日休み以外にも「自宅から近い」「年収アップができる」などの希望条件に合った求人が見つけやすくなります。

 

また、コンサルタントさんのヒアリングやサポートが丁寧なので、転職後のミスマッチが少なく利用した薬剤師からの好評が高い転職サイトです。面接にも同行サポートもあるので、和やかな雰囲気で面接ができ内定率もアップします!

 

ファルマスタッフに登録すると全員に「保険調剤テキスト」がもらえるのですが、かなり使えるテキストなので、それをもらうために登録しおいてもいいのでないでしょうか。

 

 

 

非公開求人が75%以上!企業求人を探すなら必須!

 

 

リクナビ薬剤師

 

 

⇒リクナビ薬剤師への無料登録はコチラ

 

土日休みなど好条件求人は一般に「非公開求人」になっています。「リクナビ薬剤師」は、全求人数の75%が「非公開求人」という業界の中でも圧倒的な多さです。

 

製薬会社などの企業求人は非公開求人になっていることがほとんどなので、企業に転職したい人は登録必須の転職サイトです。

 

大手人材紹介会社の老舗リクルートだけあって、コンサルタントのレベルの高さや情報量が多く信頼度は抜群です!

 

 

 

病院や高額年収求人を探したい人におすすめ!

 

 

薬キャリ

 

 

⇒薬キャリへの無料登録はコチラ

 

「薬キャリ」は、薬剤師転職サイトの中で最も病院薬剤師求人に強い転職サイトです。

 

「薬キャリ」を運営するエムスリー株式会社は、「m3.com」というポータルサイトを運営しており、20万人以上の医師が登録しています。

 

そのため、医療機関とのコネクションが強いので、病院求人を探したい人はぜひ登録しておきましょう!

 

また、高額年収の求人も多いので、あらゆる職種においてチェックしておきたい転職サイトです。